ねことエコでシンプルな暮らし

モノが好き。収集癖あり。シンプルライフに憧れて、日々奮闘中。

「対等」とはどういうことかで、みんなモヤモヤしている。の巻。

「人はみな平等」ということは、対等なはず。 これを実感できている人が、どれくらいいるのでしょうか。 日本人マダム宅のホームパーティーにて。ウガンダ人のベビーシッターさんが、私たちと同じテーブルについて、同じものを食べていた。 これだけ聞いて、…

「これで最後」と思えば、全てが特別な気がする…の巻。

物事の終わりが近づくと、何となく景色が変わって見えます。 1日で、いろいろありました。 でも、今までも同じようにあったのかも。自分が、気付くようになっただけかも。 最後のホームパーティー満喫。 昨日は郊外のマダムのお宅へお邪魔しました。大好き…

サボり癖のつきそうな自分に「喝!」を入れてくれる言葉、の巻。

「今日が永遠に続くとしたら、自分はどんな1日を過ごしたいだろうか」 ミニマリスト佐々木典士さんの「ぼくたちは習慣で、できている。」で出会った一文です。 読んだとき、すごくピンと来て、すぐにジャンクジャーナルに書き写しました。書き写すと、その…

散々待たされて、「時間の価値」というやつについて考えてみた。の巻。

途上国に住んでいて、時間通りにいくことなんて、あんまりない。そう、最初から期待していませんよ。 なのにやっぱり、腹が立つ! どうせ待つとわかっているのに、5分10分前行動をしてしまう。 そしてやっぱり、腹が立つ! なんか自分ばっかり、損している…

【ジャンクジャーナル】ページ作りのアイデア5選!!の巻。

まずは、遊びたいページを探して! ジャンクジャーナルは、日記やノートみたいに、前から順に使っていく必要はありません。 たくさん書かなくてもOK。毎日やらなくてもOK。キレイに揃えて書くのがニガテなら、色んな向きに、色んな大きさの字を、色んなペン…

【ジャンクジャーナル】を始めよう!ついでに整理整頓も?!の巻。

素材集めからスタート!整理がてら、お家をガサゴソ。 基本、家にあるものだけでできてしまいます。 探してください、色んな紙モノ! 絵本、雑誌の気に入ったページ 使いさしで放置しているノート レターセットの余り ショップ袋や包装紙 子どもさんの絵 等…

私にとっての神&紙趣味(語呂悪し)ジャンクジャーナル!の巻。

残したいモノを1冊にぎゅっと! 欧米ではメジャーな趣味として確立している「ジャンクジャーナル」。 私のジャンクジャーナル歴はまだ1年ほど。でも、これは一生モンの趣味だと思う?! きちんとした定義があるのかもしれませんが、私の理解では立体的な日…

私が彼女たちだったら、あんなふうに笑って働けるかな。の巻。

月収1万円。1日1ドル以下ではないが…。 引き続き、お手伝いさんたちの記録を、もう少し。 前回記事 ↓ mitsume-tobesimple.hatenablog.com ほぼ自給自足の地方と比べて、首都で定期収入があることは「裕福」なのかもしれません。 普通のお手伝いさんで、月…

ねこ好き必読!(とっくに知ってるか?)漫画「チーズスイートホーム」、の巻。

ねこ溺愛に拍車をかけた漫画「チーズスイートホーム」 ねこ好きマダムにお借りしたねこ漫画。 アニメ化したり、翻訳されて海外でも出ているらしいので、かなり有名なのでしょうか。 テレビも漫画も疎い私は、読んだことのある動物漫画って「ぼのぼの」ぐらい…

かわいい子には旅をさせたくないけど、絶対一緒に帰る。の巻。

ねこチケットの手配を始めました。 手続き自体は犬より楽と聞いているものの、不安は尽きません。 順調に進んだのは日本側だけで、ウガンダ側は早くも停滞…。 アフリカンタイムかなんか知らんが、おーい! 何としてもお願いしないといけない身としては、相手…

お手伝いさんから学んだ、自ら立つと書いて「自立」とは。の巻。

強くてカッコいい、尊敬すべき女性たち。 特別な技術が必要ないお手伝いさんの仕事。 仕事自体は誰でもできる。とはいえ、大切な子どもや家を預けるとなれば、誰でも良いというわけにはいきません。 異国の地で信頼できる人を見つけ出すのは、至難の業です。…

物事をシンプルにして行動に繋げる方法⇒自分事になるまで小さな単位にする、の巻。

物乞い。そのうち慣れるかと思ったけど、2年近く経っても結局慣れませんでした。 外出するたび、何人も目にします。コンタクトのある信号待ちは、苦痛です。 彼らに対して、何ができるのか。何もしないほうが良いのか。 現時点での私の結論。「できるとき」…

賄賂も寄付も、似たようなものなのかもしれない…?の巻。

「副業」しないとやっていけないのは、皆同じ?! 警察官というと、日本では身分のある立派な仕事ですが、何やら海外ではそうでもないらしい。そして、給料はものすごく低いらしい。 ウガンダでもそうだし、同じことはパナマやメキシコでも散々聞いたので、…

【途上国あるある】正論で戦ってもムダ?賄賂のある生活。の巻。

正論では切り抜けられない。相手に合わせてのらりくらりかわすのが正解? 買出しのため、週末に主人の運転で外出したときのこと。 銀行の用事もあり、パスポート等の貴重品も持っていた絶妙にいや~なタイミングで、止められた! 相手は警察官なので、スルー…

【頭の中の断捨離】書いて、すっきり。の巻。

ブログは頭の中のゴミ箱…いや、本棚。 書くことはキライではない。それなのに、記事にしようとすると、全然スムーズにいかない。書いて消して書いて消して…。毎回、結構なエネルギーを使います。 それでも、書いたあとの達成感がとても好きです。「書き上げ…