ねことエコでシンプルな暮らし

シンプル&エコライフを目指して、 ただいま断捨離途上。 ねことマステがすき。 日本と海外を行ったり来たり。東アフリカ ウガンダで駐妻やってます。もうすぐ帰国。

ねこのても かりたい、の巻。

クリームパンのごとし

ねこの手の丸さがかわいすぎて、隙あらばにぎにぎしてしまう飼い主です。

赤ちゃんの足のこと「カニパン」っていったりしますが(しませんか?)、ねこの手はまるで「クリームパン」。丸くて むくむく ふわふわ ほかほか。

かわいいなぁああぁぁ。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190616225713j:image

 

どの「ねこの手」も好き

うちのねこ。

何か取ろうと ちょいちょい動かしても、ぶきっちょさん。うまく爪に引っかかったら、ラッキー。顏を洗うのも下手くそです。結局、目ヤニ取りはヒトの仕事…。

リラックスしているとき、ふみふみのとき、お手入れ中なんかに、ぱーっと開いて爪の出た手も、思わず眺めてしまいます。

肝心のおててが隠れている「香箱座り」。なんであんなに癒されるのでしょう、不思議です。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190617122551j:image

↑これは緩め。

 

手のひらを返されても、それで肉球だったら許しそうです。チャオちゅ~るの歌で「♪肉球さわらせてあげるから」って言いたくなる気持ちがわかります。

 

↓うちの子も出したい…

ちゅ〜るの歌

第1弾

www.youtube.com

 

第2弾

www.youtube.com

 

 

手じゃなかった…

これだけねこのと言っているのに、考えてみたら全部でした。四本足っていいますもんね。前足でしたね。

うちのねこ「きのこ」の具合が悪くて、病院で点滴をしたときのこと。先生から「(針の付いている)Legが動かないように、ちゃんと見ていなさい」と言われて「あぁ、そういやlegなのか」と思ったものです。

日本の獣医さんだと、手と足どっちで呼ぶのでしょうか。きのこはウガンダ生まれ ウガンダ育ちなので、まだ日本の獣医さん未体験です。

 

足と腕

手と足のついでに…蛇足。

英語タコとかイカの足は腕(arm)なんですよね。ちなみにスペイン語でも、犬ねこの手は「足」で、タコイカの足は「腕」です。ラテン語から派生していった言語だから、発想が同じなのでしょうか。

じゃあ、韓国語なんかは日本語に近いからどうか、と思って聞いてみると、犬ねこもタコイカも、どちらも「足」と表現するようです。

ついでに、中国語はどうかしらとということで、さらに聞いてみると、犬ねこはやっぱり「足」で、タコイカは「触手」でした。

さらにさらに、ウガンダの現地語ルガンダ公用語は英語)では、韓国語と同じくどちらも「足」という結果でした。

駐妻は国際結婚の方も多いので、ちょいと聞いて、ぱっと答えていただけました。もう少し別の言語も調査中なので、わかったら書き足します。

どうでも良いか…??

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190617123441j:image

 

読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また。