ねことエコでシンプルな暮らし

シンプル&エコライフを目指して、 ただいま断捨離途上。 ねことマステがすき。 日本と海外を行ったり来たり。東アフリカ ウガンダで駐妻やってます。もうすぐ帰国。

「ねこ」と「インドア」の危険な組み合わせ、の巻。

f:id:mitsume_tobesimple:20190626001351j:image

 

「海外志向」と「インドア」

対極にありそうな、このふたつの性質。両立する、どころか、圧倒的に「インドア」の懐の方が広かった…。

日本、アメリカ大陸、アフリカ大陸。

どこにいても、私はインドアをやめられませんでした。

どこにでもインドアできる場所がある、ありがたいことです。

 

「インドア」と「ねこ」の出会い。

インドアを後押しするもの、たくさん。

雨。寒さ。人混み。体調不良。ネット環境。金欠。

そしてここに、ねこが増えた。

いてくれるだけで、ハッピー空間が完成。

 

姿が見えないと、探して回ったり。

隣の部屋に移動したら、ついて行ったり。

甘えてくれたら、足のしびれもトイレも我慢です。

 

最近、何人かの旅ブロガーさんを購読しています。

海外で、インドアしながら、ねこをお伴に、旅ができるという ゼータク満喫中。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190626001437j:image

 

インドアの思考。

用なくアテなく散歩をするとか、どんな感覚なのか本気でわかりません。

あまりに出かけなくてヤバイときは、何とかして用をつくります。

せっかく出るなら、次すぐに出なくて良いように、色々済ませたい貧乏性。

そのせいで、お出かけは用事が多くて面倒なイベントになります。

結局、インドアが良い。

 

完全に、インドアの思考。

ウガンダ赴任前。こんなに近くに住むことはないだろうと、ヨーロッパの旅を妄想していた気がします。いまや、まったく…。

ねこ連れの国境越えは難儀すぎるし、だからといって 留守番させても、気になって楽しめない…。

ねこなしでは何もできないカラダになってしまいました。

 

でもべつに、どこも行かなくて良いや。

本当に、驚かれるほど、どこにも行っていません。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190626001531j:image

 

ペットを飼ってはいけないのは、独身だけではない(かもしれない)。

独身時代、「結婚したいなら、ペットを飼ってはいけない」と上司に言われました。

幸い、ねこライフを始めたのは 結婚後ではありますが…。

ねこが来てから、主人とふたりで出かけるのは、極力避けたい。

もし我々ふたりが、出先で何か不幸な出来事に遭遇したとしましょう。残されたねこはどうなるんでしょうか。

別行動でリスクヘッジしたい…。

 

結構本気で思っているのに、あまり支持を得られません。

米原万里さんのエッセイで、同じ理由で夫婦旅行をしない飼い主の話を見つけたとき、うれしかったです。

 

……なんの話だったんでしょう。

図らずも、私のアフリカン テキスタイルのパンツの柄コレクションに。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190626001621j:image

 

読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また。