ねことエコでシンプルな暮らし

シンプル&エコライフを目指して、 ただいま断捨離途上。 ねことマステがすき。 日本と海外を行ったり来たり。東アフリカ ウガンダで駐妻やってます。もうすぐ帰国。

今年中にあと25個の目標を達成する方法、の巻。

「今年も残すところ あと半分」と聞いて、はっとして今年の目標を確認してしまう。

年初に張り切って立てた目標も、半年で忘れて「また来年…」と毎年繰り越してしまう自分が悲しいです。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190701172320j:image

 

1週間を1単位にする。

「今年の目標」の単位は1年。

1年も猶予があれば、どうしても漠然とした壮大な目標を立ててしまいます。「英語を頑張る」みたいな。

しかも、スタートが元旦というのが悪い。三が日は特例で休んで、正月明けの社会復帰にエネルギーを使い、もう今月はいいやと思ったら、年度末で慌ただしくなって…。

始めるタイミングを失ったら、忘れるのもあっという間です。言ってる私は、今 主婦なんですが。

いずれにせよ、1週間単位で区切って、スタートのタイミングをたくさん持とう、というのが、私の2019年後半の作戦です。

 

絶妙な長さ!1週間単位のメリット。

・全体を見通せる。

・多少のムリがきく。

・慣れる程度に反復できて、飽きるほど長くはない。

・その週がダメでも、翌週またスタートできる。

・曜日ごとの予定を織り込んで、ムリのない計画を立てやすい(週内で調整)。

・1年続ければ、50個も目標が達成できる(正確には52週ですが)!

 

自分を導いてあげるイメージ。

私は、尻に火が付くまでエンジンがかからないわりに、期限ギリギリには耐えられない小心者という、やっかいな人間です。

どうやら強制されるより、コントロールされるほうが合っている。追い込まれて馬鹿力を発揮できるタイプもいると思いますが、私はやらかすほうと自覚しております。

それを意識するだけで、自分が扱いやすくなります。自分を尊重して、自分に合わせてあげる。それを自分でやっても 良いじゃないか。

いつも少し余裕を持つこと。

ドカンと一発は目指さないこと。

後回しにしないこと(未来の自分に期待しない)。

こうしてだんだん 自分の傾向と対策がわかるようになってくると、歳を取るのも悪くないなと思ったり…。

 

今日からスタート!

 

小さな目標でも、自分が決めたことを、決めた通りにできれば、たとえ思った結果が出なくても達成感が得られます。それが自信に繋がる。本当に字の通り、自分を信じられるようになってくる。

一歩一歩、コツコツ、ぼちぼち、楽しみながら続けていけたら良いなと思います。

 

で、今週の目標は?

今後の目標を考えること...!

たまたま50記事目というキリの良さと、2019年後半初日というタイミングの良さに合わせた記事を書きたくて…。

 

読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また。