ねことエコでシンプルな暮らし

シンプル&エコライフを目指して、 ただいま断捨離途上。 ねことマステがすき。 日本と海外を行ったり来たり。東アフリカ ウガンダで駐妻やってます。もうすぐ帰国。

かわいい子には旅をさせたくないけど、絶対一緒に帰る。の巻。

ねこチケットの手配を始めました。

手続き自体は犬より楽と聞いているものの、不安は尽きません。

順調に進んだのは日本側だけで、ウガンダ側は早くも停滞…。

アフリカンタイムかなんか知らんが、おーい!

何としてもお願いしないといけない身としては、相手の機嫌を損ねることは避けたい。

でも、あんまりのんびりは困るんですけど…。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190712232625j:image

ひとりで寝る練習中。

川の字で寝たい飼い主がさみしくて挫折。

そろそろ練習再開せねば。

 

たとえ荷物が全部置き去りになろうとも、きのこだけは連れて帰らねばならん

キャビンへの持ち込みはできないとのことで、手荷物預かりと同じ扱いに。

最終目的地まで会えないので、乗り換えがあることを考えると、不安を越えて疑心で吐きそうです。

マダムの友だちのわんこ(大型)が、ロストしたんですって。

遅れてちゃんと戻って来たそうで、本当に良かったですが。

アフリカからだと、順調でも1日がかりのスケジュールなので、そのうえまだ遠回りなんて、マジでやめてください。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190712233012j:image

むり。

 

とても快適な空の旅をできそうにない。

そもそも、私が飛行機キライです。

気流が乱れたときの、ふわっとするのがムリで。

そのくせ中南米畑なので、ロングフライトばっかりで自分ドンマイ…。

だからって、船も怖いし遅いからもっといやだ。

地に足の付かない乗り物は怖い、私は新幹線が大好きだー!

今回そこにきのこの心配が加わると思うと、おちょこサイズの私の器は崩壊です。

帰国当日は、別れを惜しむ余裕もなさそうです。

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190712233902j:image

ぐすん。

 

「フライト中、動物はずっと、自分は死ぬかもしれないという恐怖と戦っている」

少しでも快適な空の旅のため、してあげられることはないでしょうか。

日本の獣医さんに相談したら、こう返って来ました。

そら、そうですよ。ヒトでもこんなにビビッているのに。

何もわからず、飼い主もおらず、ケージからも出られず、知らない犬ねこと閉じ込められて、エンジンの音やら気流の乱れやらに怯えて…

あと、やっぱり空調とかの事故もありますよね…

調べれば調べるほど不安になるので、やめました。

毎晩「飛行機に乗るよ」と言い聞かせて寝ています。

ねこ友いわく、「動物は賢いから、言い聞かせると察知するよ」。

私の持ち込み荷物には、ねぎらいのちゅ~るをいっぱい入れて。

 

ただただ、不安をぶつける話…

読んでいただき、ありがとうございました!

 

f:id:mitsume_tobesimple:20190712233503j:image

それでは、また。